マントラ瞑想法

 

天宮光啓

 

マントラとは「真言」のサンスクリット語です。真実の言葉、聖なる句などの意味があります。

 

バラモン教やヒンドゥー教の聖典ヴェーダ〔1〕にその起源をみることができます。

 

古代インドでは、バラモンが神々に捧げる賛歌にある特別なマントラを用いていました。やがて、仏教や密教(秘密仏教)にも取り入れられるようになって中国や日本などに伝わりました。

 

マントラ瞑想法では、十三仏真言を中心に各マントラ(真言)をお唱えしながら瞑想します。

 

身と口と意を瑜伽(ゆが)させながら深い祈りを捧げるようにおこなっていきます。

 

詳しい方法は直接マントラ講座にて。

 

天宮光啓

 十三仏真言

 

マントラ瞑想法では、十三仏真言をはじめいろいろなマントラ(真言)を唱えます。

 

 

※ チャクラに意識を集中させてマントラを唱えると不思議な体験をすることも。

 

天宮光啓

 

天宮光啓

トップへ戻る