天宮光啓「仏道修行会」

天宮光啓

 

天宮光啓「仏道修行会」は、三学・六波羅蜜を根底に三密(身・口・意)瑜伽の修行をおこなうものです。

 

お経や真言や陀羅尼、瞑想(禅定)などをもちいて心身の浄化・鍛錬をおこないます。

 

私たちは誰もがみな、この身このままで仏の境地に至ることができます(即身成仏)

 

なぜなら、あらゆるものは大日如来が姿を変えたものだからです。

 

すべての人は本来「仏性」(ぶっしょう)を備えています。

 

それは仏種ともいわれます。

 

私たち一人ひとりそれぞれが“幸せになれる種”を内に秘めています。

 

換言すれば、無限の可能性を秘めているのです。

 

はじめての方でも大丈夫です。

 

オンライン(ZOOM)で手軽に参加できます。

 

それでは、本日も仏道精進、希望の未来は日々の積み重ねである。

 

生かせいのち

 

南無大師遍照金剛

 

合掌 高野山真言宗修行僧 天宮光啓 / 高野山大師教会光寿支部 事務局

 

仏道修行会、幸せになれる種とは…、この身このままで仏の境地に至る(即身成仏)

 タイムテーブル

■ 仏道修行会時間割

 

1座目 : 午前10時~午前10時50分

 

2座目 : 午前11時~午前11時50分

 

※ 前行:午後に備えて準備をします。

 

--------
(昼休憩)
--------

 

3座目 : 午後1時~午後1時50分

 

4座目 : 午後1時~午後1時50分

 

※ 1コマだけでも参加できます。

 

※ 午前は「前行」、午後からは「正行」となります。

 

未来や来世とは何でしょうか。

 

日々の少しずつの積み重ねが必ず大きな変化を生みます。

 

放逸に怠惰に、惰性でいい加減に生きていてはやがて大変なことに。

 

焦らず、あきらめず、常に沈着冷静、一歩、一歩を大切に。

 

毎日の行為、言葉、考え方の積み重ねが地獄となるか極楽となるか、

 

努力次第で道が大きく別れます。

 

共に希望の明るい未来を導く。

 

仏道修行会記事一覧

未来や来世とは…天宮光啓「仏道修行会」では、身と口と意を清浄にし諸神仏に供養を施しながら他の参加者の方々と共に功徳を積み重ねる修行をおこないます。そこで、まず心身の浄化にあたり、十善戒をよく保ち、三厭五葷(さんえんごくん)で臨みます。(メモ)三厭五葷(さんえんごくん)とは、煩悩に強く働きかけ修行の妨げになるとされる食べ物のことです。当会では修行内容に応じて「A・B・C」の3つがございます。たとえば...

トップへ戻る